筋肉がつく仕組みを知ってスマートなカラダにしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは筋肉が付く仕組みを知っていますか?

小さいころは勝手に筋肉が付いていたと思います。

成長期などには意識するしないに関わらず勝手に筋肉が付くので、それがいやだった女性も多いと思います。

しかし、成長期を過ぎた私たちの体は、勝手に筋肉が付いていた時代とは異なります。

逆に、筋肉は落ちていき、つきずらい状況に陥っている場合も考えられます。

そこで、しっかりと筋肉が付く過程を考えることによって、しなやかな体を作っていきましょう。

muscle-woman-dumbbells

筋肉は回復するときにつく

実は筋肉が付くタイミングというのが、筋組織が損傷してから回復する瞬間なのです。

「一度折れた骨が強くなる。」といった言葉を聞いたことはありませんか?

実は、それと似たような現象が筋肉が成長するときに起こっているのです。

筋肉は、組織が破壊されると大きく成長します。

破壊といっても壊滅状態になるわけではなく、ウエイトトレーニングなどをした時に筋肉痛が起きますよね。

筋組織の破壊とはそのことです。

筋肉痛が起きているとき、筋肉が成長しています。

このタイミングで、タンパク質やプロテインなどを取ると筋肉が成長するのです。

筋肉を意識する

筋肉が成長するタイミングを理解していただけたでしょうか。

次は筋肉を意識することに注意を向けてください。

タレントの武井荘さんがおっしゃっていたことですが、体の細部を意識的に動かすことによって、神経と筋肉が密接につながるのだそうです。

これは、科学的にも言えることで、筋肉を動かしているのは当たり前ですが神経です。

脳から出た電気信号は神経を伝って筋肉に伝わります。

実はこれが一番重要なことなのです。

ストレッチをするときでも、ただ単純に柔軟体操をするのではなく、ゆっくりと神経と筋肉とを一本一本つなげるイメージでやってみてください。

柔軟性が飛躍的に上がります。

これは、イメージとして脳から信号を伝達させることで、筋肉へ神経が通りやすくなるからなのです。

ウエイトトレーニングでも同様のことが言えます。

しっかりと今どこの部位を鍛えたいのかを意識することによって、神経が鍛えたい筋肉部位の方へ集中します。

すると、筋肉はそれに答えるように、より負荷をかけます。

そして、破損し復活するのです。

まとめ: 筋肉を効率的につける

筋肉を鍛える上で大切なことは、意識を体の内部に向けることです。

体の内部に意識を向けることによって、より効率的に筋肉を作っていきましょう。

The following two tabs change content below.
bodymate
スポーツレッスン、スポーツジムなどをまとめています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る