日本のゴルフは紳士じゃない マナーを知って気持ちよく始めよう!

ゴルフで仲良く

Bodymateイベントバナー

初めまして、麹町ゴルフクラブでオーナーをやっているゴルフコーチの江口です!

最近では、お店の運営以外に大手商社や企業向けに「売り上げを加速する為のレッスン」を運用してます。

ゴルフの良さや利点は社会に出て、判断基準、上司との付き合い、合理的思考を学べる点で役に立つことだと言えます。このコラムではゴルフの良さを多くの人に知ってもらって好きになってもらうために様々なことについて突っ込みを入れていこうと思います。

そこで今回はゴルフのマナーそしてゴルフの起源についてお話ししたいと思います。

江口さん

ゴルフについて話す江口さん(左)

ゴルフは紳士淑女のスポーツですが、日本人ゴルファーは海外のメディアからマナーの水準が低いとみなされてます。

それはなぜなのか?

日本ではバブル期に接待ゴルフが一般的で取引先を喜ばせるという文化があり、1人1人がマナーは知らない状況でゴルフデビューするという現状がありました。私が現代ゴルファーに提唱したいのは、ゴルフをする時は先ずは同伴者に嫌な思いをさせないマナーを身につけて欲しいということです。

例えば、

・ショットする時は大きい声で話さない

・ショットで芝を削ったら土で埋める

・ミスして不貞腐れたりしない

・後ろの組みに配慮し最大限急ぐこと!(プレーファスト)

などですね。

ここでマナーをしっかりと学んでもらうために『ゴルフマナーの起源』について触れたいと思います。。

ゴルフは170年も前に英国アナナブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズのキャプテンを22年間務めた「ジョン・テーラー」が残したもので、これが、今日の「ゴルフ規則」JGA版で冒頭3ページに記述されてる第一章「エチケット」の原形です。

ゴルフを愛おしく思う者は、すべからく以下の鉄則に従う義務がある
このゲームが快適に発展するためには、成績よりもまず、秩序が優先されるべきである。
この順序が逆になった場合、偉大なる精神は滅亡の一途を辿るであろう。

1. 長いものを振り回し、硬いボールを不安定に飛ばすゲームだけに、ゴルファーたる者、練習スイングとストロークを行う際、くれぐれも周囲に対して安全を確かめる必要がある。

2. 同伴パートナーがアドレスに入ったら以下に注意すべき。
動くこと、話すこと、相手のボールの近くに立つこと、飛球線の後ろに立つことやすぐ後ろに立つこと。

3. 同伴パートナーのミスを笑ってはならない。

4. ボール探しなどで、進行が遅れた場合、後続をパスさせましょう。
ゴルフとは他人に迷惑をかけないゲームなり。

5. 一片たりともプレーの痕跡を残してはならない。
自らコースに与えた損傷も含めて紳士たるもの自然愛護の精神が旺盛でなければならない。

当然ですよね!

そう、ゴルフのマナーって、実はとてもシンプルです。

同伴プレーヤーにとって嫌なことは?

自然にとってマイナスなことは?

ゴルフ場のスタッフにとって嫌なことは?

みんなが嫌がることをしないことから、ゴルフを始めてみましょう!

(Bodymate連載コラム・ゴルフコーチ江口が教える初心者のすすめ )

ゴルフで仲良く