リズムが運動能力向上に!? プロ野球チームも導入したそのトレーニングとは

ダンスの様子

Bodymateイベントバナー

現在、競技パフォーマンスを向上させるための重要な要素として、「リズム感」を鍛えることが注目されていることをご存知でしょうか?

そのトレーニングが急速に日本に、そして世界に広がりつつあるのです。

すでにいくつかのプロ野球チームや、全国各地の中学・高校・大学の部活動でも導入されており、その競技によってさまざまなリズムトレーニングが行われています。

そこで今回は、リズム感を高めることで運動パフォーマンスを向上させる「スポーツリズムトレーニング」を紹介。「運動不足を解消したい」「子供の運動能力を高めたい」そう考えている方は必読です。

そもそもスポーツリズムトレーニングってなに?

スポーツリズムトレーニングとは、リズム感を高めることで運動能力を向上させる画期的なトレーニング方法です。

リズム感を高めることで運動能力の向上はもちろん、怪我の予防、仕事・勉強の効率アップなどにもつながります。

従来のトレーニング方法は、筋力や心肺機能といったフィジカルにアプローチするもの、姿勢やフォームなどテクニックにアプローチするもの、あるいは戦術や精神面にアプローチするものがほとんどでした。しかし、リズムトレーニングは「リズム」からアプローチする全く新しいトレーニングなのです。

今までスポーツが上手い人を見て「あの人センスいい」って思ったことありませんか?その「運動センス」こそが、実は「リズム感」の良さが生み出しているものなんです。

したがって「リズム感」を高めることが、運動能力の向上に直結するといっても過言ではありません。

リズム感を体得せよ!スポーツリズムトレーニングを紹介

それでは、スポーツリズムトレーニングがどんなものなのか、実践している動画を見ながら確認していきましょう。

動画引用元:STARチャンネル

基本的には軽快でテンポの速い音楽に合わせ、白線の上でステップを踏んだりするダンスのような形で行います。

リズムを変えたり、回転・動作を加えることで難易度をコントロールし、音楽に合わせてさまざまなジャンプ運動をやってみましょう。

また、このリズムジャンプは「ラインを踏まない」、「リズムに合わせる」、「動作を制御する」といったタスクを脳に課すため、脳の発達や認知症予防にも効果が期待できます。

動画引用元:STARチャンネル

ジャンプ運動をベースにしながら、ミニハードルといった障害物をまたいだりして、より実践的な動きの中でリズムを学習しましょう。

リズム感・バランス感覚・不足しがちな筋力向上に有効です。

動画引用元:一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会

部屋の中でやるなら、この「リズムジャンプ体操」がおすすめです。普段行うような体操にリズムを加え、より楽しく効果的なものになります。

準備体操的要素は残しつつ、音楽によってリズムを変化させる事で「リズム感」の向上が狙えます。

動画引用元:qooninTV

「競技パフォーマンスを高めたい」という方は、上記の動画を参考にしながらスポーツリズムトレーニングの応用にチャレンジしてみましょう。

野球なら守備練習やバッティング、サッカーであればドリブルやパスなど、種目特有の動きや必要とされる能力を、さまざまなリズムで学習してみてください。

そうすれば、プレーの幅をさらに広げることができるはずです。

実際にプロ野球チームの読売ジャイアンツや横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズも試合前のウォーミングアップなどのメニューに組み込んでおり、アスリートの競技力向上の1つの手段としても定着し始めているのです。

スポーツリズムトレーニングで楽しく運動能力の向上を!

どんなトレーニングでも、続けてこなしていくといつしかマンネリ化してしまいます。ですが、紹介したトレーニングのように運動にリズムを加えるだけで、常に刺激的で楽しみながら行うことができます。

どうせやるなら、トレーニングでも楽しく取り組める形で運動能力の向上を目指しましょう。

ダンスの様子