【水泳、スイミング】ダイエットに向いている理由とメリット、デメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水泳で痩せること、ダイエットは効果的だと言われていますよね。

  • 水圧が常にかかっているから
  • 水温が低いから
  • 水の抵抗があるから
  • 全身運動になるから

こんな理由はから人気があるようです。

本当に痩せるのか理由を考えていきましょう。

スイミングをして、ダイエット効果が期待できるメリットがあります。

ですが、デメリットになる部分もいくつかあるんです。

痩せられるように、注意しておく部分を押さえておきましょう。

BN-JR427_0803MA_J_20150803110922

水泳のダイエットは、カロリーの消費量も大きいです。

カロリー消費量がどのくらいなのか確認してみてください。

→ カロリー消費量の一覧

しっかり泳げていなくて、「なかなか痩せない!」なんてことがあります。

泳ぎ方をマスターしてから、ダイエットに挑戦してみてくださいね!

→ 水泳、スイミングスクールまとめ

水泳がダイエットに向いている理由

Swimming-Lessons

水泳と聞くと、痩せるとか健康になるっていう口コミが多いですよね。

体験した人が痩せているのはわかりますが、本当に誰でも効果があるものなんでしょうか?

水泳をすると効果が出る理由をまとめて説明していきますね!

水圧で血流アップ

水の中にいると、それだけで全身に圧力がかかります。

補正下着みたいに、ずっと圧迫されている状態です。

ちょっと息をするだけでも、鍛えられます。

水の中にいるということだけでも、ダイエット効果があるんですね。

あなたは、カッパみたいに水中で生活していないと思います。

言い換えれば、水に入ることに体が慣れていないんですよね。

だから、いままで水泳をしていなかったり、ゆったりした服を好んでいる人は効果テキメンです。

水温で代謝量アップ

プールにいったとき、冷たい!って感じますよね。

温水だとしても高くて30度です。

冷たいから、「そうめんみたいにしまる」ってことじゃないです。

逆に、中から温めようという、体の機能が痩せるポイントです。

ヒトは恒常性という、体温を同じにしようとする働きがあります。

水の冷たさから身を守るために、体内で熱を生むんです。

体のアチコチを動かすので、カロリー消費が起きます。

だから、水温で代謝が上がるんです。

水の抵抗で消費量アップ

水圧の話でも出ましたけど、水の中に体が慣れていないので、たくさん消費します。

普段の生活で何気なく歩いているのに、水の中だと、体を動かしづらくなりますよね。

これが、水の抵抗です。

動きたいのに邪魔してくるので、動きの激しさが増します。

普段の生活をしているときより、力がいるのが分かりましたよね。

つまり、水の中のほうが、筋肉を使うってことなんですね。

だから、歩いているだけでもカロリーが余計に消費されるんです。

水泳は全身運動

走っているときや歩いているときは、お腹や背中、お尻の筋肉を使わないこともあります。

これは、今までの癖がついていたり、姿勢が悪くなっていることが原因です。

慣れた運動だと、体も慣れた動きをするので、使わない筋肉があるんです。

ジョギングも全身運動ですが、水泳のほうが、無意識に動かすことになります。

泳ぐときは、めいいっぱい体を伸ばして、めいいっぱい縮めます。

これを繰り返しているので、全身を動かすんです。

鍛えにくいインナーマッスルも使っているので、効果は大きく膨らみます。

スイミングで全身を動かしてきれいなボディーラインを作ることができますね。

水泳のメリット、デメリット

水泳のダイエット効果が大きいことは理解してもらえましたよね。

このほかにもある、メリットとデメリットを解説していきましょう。

水泳のメリット

ID:30986387

ID:30986387

水の中だからこそ得られる効果があります。

それは、

  • ケガをしにくい
  • 消費カロリー大
  • リラックス効果

という点です。

細かく見ていきましょう。

ケガをしにくい

水の中は体が軽く感じますよね。

体重計も水中で乗りたいくらい軽く感じます。

これは、浮力という、体を浮かす力があるからですね。

体が軽くなることによって、ケガが少なくなります。

転んでくじいたり、折ったりする心配がないです。

さらに、膝や腰にかかる負担が減るので、痛みがあっても歩くことができます。

運動中にケガをするリスクは常にありますが、ケガをしていてもできる運動は少ないです。

お年寄りにも人気なメリットですね。

消費カロリー大

水泳は他の運動に比べてもかなり消費量が大きいです。

先ほども書きましたが、水の抵抗があったり、水温も消費カロリーが増えます。

さらに消費量をあげる理由は、息ができないことなんです。

運動をすると、心拍数が上がって、息を「すーはー」して呼吸が多くなります。

酸素をたくさんとることで、体の中を燃やしているんです。

その時にカロリーを消費するんですね。

水の中のように、呼吸を制限されると、心拍数が上昇しやすくなります。

強く吸ったり、長く吐いたりして、いつもとは違う呼吸ですよね。

いつもとは違うリズムで息をするので、たくさん酸素をとりいれようとします。

酸素をたくさん取りこむから、消費カロリーが増えるんですね。

リラックス効果

お風呂でリラックスするのは、イメージしやすいですよね。

同じように、プールでもリラックス効果があります。

これは、水の中に入っていることで、波のゆらぎ、重力からの解放を感じます。

ゆったり浮くだけで心が落ち着いてくることでしょう。

さらに、水泳は美肌の効果もあります。

体温より低い温度の水に触れるので、肌にとっていい刺激になります。

水が体に触れていることで、毛細血管を刺激して、血流アップになります。

水泳選手は美肌が多いのはこういった理由が関係しているようです。

水泳のデメリット

5GUVXqg

水泳をすることで、マイナスになってしまうこともあります。

  • 体温低下で体調悪化する
  • 全身運動にならないこともある
  • 食事量が増える
  • 水分補給をする
  • アフターケアをする

注意点として考えておきましょう。

体温低下で体調悪化する

スイミングをすれば痩せるからといって、長時間は禁物です。

プールに入っているだけで体温低下につながるので、体調を崩しやすくなります。

ダイエットでも90分以内に収めるのが効果的です。

ゆったり運動するのはいいことですが、だらだらと長引かせることがないようにしましょう。

全身運動にならないこともある

ジョギングやランニングをしていると、肩が筋肉痛になるとか聞いたことはありませんか?

これは、意識していないところに力が入ってしまうからなんですね。

水泳も同じで、ちゃんとした泳ぎ方を知らないと、変なところが筋肉痛になります。

全身運動になるといっても、それでは効果も半減してしまうでしょう。

だから、ちゃんとしたレッスンが必要になるんですね。

しっかりとした泳ぎ方は、大手のジムや、近所のプールでも学べます。

ジムに通って、ただ筋トレをするより、効果は大きいです。

楽しく学んで、ダイエット効果を上げることが必要ですね。

→ 水泳場一覧はこちらから

食事量が増える

水泳をしても痩せない!という口コミがたまにあります。

水泳選手をしていた人に多いんですが、食べる量が減らないと痩せません。

選手は、競技用にたくさん泳いでいるので、たくさん食べても体重の変化少ないです。

激しい運動をしなくなると、とたんに栄養がたまってしまって太るんですね。

これは、水泳でダイエットをしている人にも同じことが言えます。

スイミングスクールに行っていたのに、通わなくなってしまったらリバウンドした。

ということは、結構多い話ですよね。

食べる量にも注意して、計画的に痩せていきましょう。

水分補給する

スイミングは、水の中だから汗が見えずらいですが、思っている以上に汗をかきます。

水泳でも熱中症になるんです。

水の中にいるとうっかり水分補給をしないと脱水症状が引き起こります。

注意してこまめに水分補給しましょう。

アフターケアする

運動が終わったら、必ずアフターケアをしましょう。

プールでは、感染症や、病気にかかるリスクもあるので注意が必要です。

○アフターケアの手順

  1. 目を洗う
  2. うがいをする
  3. シャワーを浴びる

耳の中に水がたまっていることもあると思います。

長い間ほうっておくと、中耳炎になってしまうので注意しましょう。

まとめ:水泳はダイエットと美に効果あり

水泳で痩せるということはよく理解してもらったと思います。

美肌にも効果があるのは驚きでしたね。

女性らしく美しくあるには最適な運動ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る