【糖質制限と飲み物】ドリンクの選び方と含まれる糖質量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘みが強い清涼飲料水は平均10%の濃度の砂糖や果糖などの甘味料で味付けされています。

500ml入りのペットボトには約50g、角砂糖10個分もの糖質が入っています。

これだけ甘みが強くても、冷たさや炭酸で甘みが感じにくくなり平気で飲めてしまい、しかも、水に溶けているため飲み物に入っている糖質はとくに吸収が早くなります。

そして、がぶ飲みすると血糖値が急激に上がりインスリンが追加分泌されてしまいます。

また、スポーツドリンクにも糖質が多く含まれているものもあるので、そういったものは運動時以外の摂取は控えてください。

清涼飲料水を飲むなら血糖値を上げない人口甘味料を探せ

糖質制限ダイエット中は、普段はミネラルウォーターや日本茶、烏龍茶などを選び、コーヒーや紅茶は砂糖なしのブラックやストレートで飲みたい。

健康的なイメージがある果物ジュースですが、ブドウ糖や果糖など血糖値を急激に上げる糖質が多く含まれているので飲み過ぎに特に注意しなければなりません。

どうしても甘い清涼飲料水が飲みたい場合は、人工甘味料は血糖値をあげないので、人口甘味料で味付けされたものを選びましょう。

牛乳の代わりに豆乳を使って糖質OFF

飲み物で案外盲点となるのが牛乳です。

甘みは決して強くありませんが、コップ1杯(200ml)で10g近い糖質(乳糖)が含まれています。

なので、カフェオレやカフェラテなど牛乳を使う飲料は飲み過ぎないように注意しましょう。

豆乳は糖質含有量が牛乳のおよそ半分なので、牛乳の代わりに豆乳を使うソイラテにすると糖質抑えることができるのでオススメです。

飲料に含まれる糖質量の概算

食品名常用量/目安糖質カロリー 
バレンシアオレンジジュース(濃縮還元)200g/1杯21.4g84kcal
グレープフルーツジュース(濃縮還元)200g/1杯17.6g70kcal
コーラ200g/1杯22.8g92kcal
牛乳200g/1杯10.1g141kcal🔺
低脂肪乳200g/1杯11.6g97kcal🔺
無調整豆乳200g/1杯6.1g97kcal⭕️
コーヒー(無糖)200g/1杯1.4g8kcal⭕️
紅茶(無糖)200g/1杯0.2g2kcal⭕️

《合わせて読みたい》
【糖質制限とお酒】アルコールの選び方と含まれる糖質量

The following two tabs change content below.
bodymate
スポーツレッスン、スポーツジムなどをまとめています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る